不登校新聞

409号 2015/5/1

協力者会議、骨子案公開

2015年04月30日 15:28 by shiko
2015年04月30日 15:28 by shiko


 4月21日、第5回「不登校に関する調査研究協力者会議」が開催され、6月に発表する「中間報告」の骨子案が示された(下記参照)。
 
 骨子案は「必要最小限度の項目」をまとめたもの。ベースになったのは2003年の協力者会議の報告書。報告書に記載された各項目に、今回の協力者会議で指摘された点が新たな項目として盛り込まれた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育機会確保法の現在地、学校外の居場所で起きている変化

534号 2020/7/15

フリースクールの適正評価とは、東京学芸大学研究班が示した提言

527号 2020/4/1

「多様法のこれから」を議論 不登校の歴史vol.511

511号 2019/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…