不登校新聞

217号 2007/5/1

かがり火 多田元

2015年05月18日 15:06 by kito-shin


 14歳未満で非行をした少年(触法少年)も児童相談所ではなく、警察が取り調べ、家庭裁判所が少年院収容を決定できることなどを中心にした少年法一部改正法が成立の見通しだという。

 11歳、12歳の小学生も少年院に収容する。安部首相は「少年犯罪が非常に凶悪化するなか被害者の気持ちを考えればやむをえない」と記者団に述べたと報道された。しかし、最近10年間の少年の殺人を見ても47年前、戦後ピーク時(年間400人)の5分の1から7分の1(05年は55人)と減少している。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...