不登校新聞

217号 2007/5/1

東京シューレ葛飾中学校「始まりの会」でスタート

2015年05月18日 15:48 by kito-shin


 新設校のため、中1だけでなく全学年が同時にスタートすることから、入学式は「はじまりの会」と名づけられた。形式的なものではなく「温かみのあるものに」という意向で、ステージは使わず、手作りの装飾で体育館の壁を飾り、子どもを中心に、出席者が円形に座るように配置するなど工夫を凝らしていた。
 
 受付では、胸につける花を子ども自身が選べる。好きな色を自分で選び、胸ポケットにつける子、髪に飾る子、「花はつけない」という子もいた。
 
 奥地圭子校長は、子どもたちへ歓迎の言葉を話し、この学校の設立までのことや「子ども中心でつくっていく学校だということを大事にしたい」と話した。
 
 その後、音楽を担当するスタッフとその仲間であるバイオリニストによるピアノとバイオリンのアンサンブル演奏があり、会場中の人たちは美しい演奏に聴き入った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

通信制高校の生徒数過去最多。高まるニーズの一方で懸念の声も

538号 2020/9/15

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。