不登校新聞

432号 2016/4/15

かがり火 奥地圭子

2016年04月11日 12:06 by kito-shin



 4月、新年度を迎えた。小学生、中学生、高校生、みな、1年間が新しく始まる。今年は一人ひとり、どんな1年になるのだろう。

 きっと学校がつらくなったり、疲れちゃったり、行くことが無理だと感じる子もいるにちがいない。とくに新年度は、仕切り直しでがんばろうとして、より苦しくなることも生じやすい。

 そんなとき、思い出してほしいのは「不登校の子どもの権利宣言」である。読者のなかにはご存知ない方もいるかもしれない。子どもの権利条約を学んだフリースクールの子どもたちが「自分たちの権利も考えてみよう」と思い立ち、不登校経験を出し合って、宣言文をつくった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

大阪府、兵庫県在住の不登校の子を持つ親は必携の新著『不登校のためのハンドブック』

480号 2018/4/15

春だから感じる哀愁、「春愁」という言葉があるそうです

480号 2018/4/15

変わりゆく不登校政策 冬の時代の雪解けにするために

480号 2018/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

480号 2018/4/15

伊是名夏子さんには生まれつき骨が弱く骨折しやすい病気を持っている。しかし「...

479号 2018/4/1

中学校には1日も通っていません。25歳のときに生協に就職し、今は生協関連の...

478号 2018/3/15

「ここに名前を書いて印鑑を押せば、息が苦しくなる校門をくぐらなくてすむ、つ...