不登校新聞

432号 2016/4/15

いじめによる不登校、7日以内に報告を 文科省通知

2016年04月11日 12:55 by shiko


 2016年3月11日、文科省はいじめによる不登校が疑われる場合、学校は7日以内に教育委員会などに発生を報告することが望ましいなど「いじめの重大事態」に対する調査指針を都道府県に通知した。

 調査指針によると、いじめによる不登校が疑われる場合、児童生徒の連続欠席7日を目安に事実関係の調査、整理を始め、年間30日の欠席に達してから7日以内に調査結果を報告するものとしている。
 
 文科省は、子ども本人の状況を無視した対応は「すべきではない」との見解を示しているが、市民からは通知に対する懸念の声が広がっている。本紙読者からも「いじめによる不登校をつくらないために無理やり登校させる状況が生まれるのではないか」との声などの声が寄せられた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

195号(2006.6.1)

自殺防止対策基本法案、大綱発表

195号(2006.6.1)

子どもシェルター開設へ NPO法人パオ設立

195号(2006.6.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...