不登校新聞

434号 2016/5/15

休み始め、まず親はどうすれば? 親のための不登校Q&A

2020年08月06日 11:14 by kito-shin


 できるだけ「生きた情報」を届けたい。子育てのプロによる成功例でも、専門家による子育て論でもなく、ふつうのお母さんたちが、日々、実感したことがいい。失敗した例でも「生きた情報」ならば日常へのヒントになるはず。そんな思いから不登校の子どもをもつ親の会「六等星」世話人に執筆をお願いし、連載「不登校の親のためのQ&A」を始めます。今回のお題は「休み始め」です。(本紙編集長・石井志昂)
 
 私には、長男・長女・次男の3人の子どもがいます。もうみんな成人しましたが、長男と次男が不登校やひきこもりを経験しています。高校卒業後、しばらくひきこもった長男は、25歳で大学に入り、この春、大学院に進学しました。中学で不登校になった次男は、昼間定時制高校を卒業し、フリーター5年目に突入しました。こうやって書くとたった数行ですが、本当にいろんなことがありました。けっしてひとりでは乗り越えられることではありませんでした。親の会などで出会った人たちと語り合い励ましあって今があります。私の経験や出会った人たちから学んだこと気づかされたことが、不安な気持ちを少しでも和らげることにつながるとうれしいです。

思春期特有のイライラかな?

 
 子どもが休み始めたら親はどうすればいいのか。わが家の場合、中学生になった次男は、部活に合唱にと張り切っていましたが、夏休みごろからちょっと気になるようすが見えました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校校経験者が答えた親がすべきこと、してはダメなこと

523号 2020/2/1

子どもの摂食障害 背景にある苦悩への思いやりを

190号(2006.3.15)

担任が変わった際のポイント 不登校Q&A

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...