不登校新聞

309号(2011.3.1)

米オルタナティブ教育先駆者 パット・モンゴメリーさん講演抄録

2014年10月31日 15:45 by kito-shin
2014年10月31日 15:45 by kito-shin



 第3回JDECにシンポジストとして登壇したパット・モンゴメリーさんの講演抄録を掲載する。米オルタナティブ教育の先駆者として、子ども中心の教育を展開してきたパットさんが思うフリースクールでの学びの意とは。また、現代の子どもたちがおかれた状況における危機感など語った。

 日本では一般的に「フリースクール」と呼ばれていますが、アメリカではそれ以外にさまざまな呼び方があります。オルタナティブスクール、イノベーティブスクール、ガバメントスクール、デモクラティックスクールなど、呼称だけではなく学びの活動もじつに多彩です。

 そして、そこには共通する6つの考え方があります。「子どもは人間である」「子どもは尊重されるべき存在である」「すべての人が学べるように保障されなければならない」「学びというのは過程である」「子どもがすべての教育的過程のなかで中心に置かれるべきである」「学びの主体である子どもの能力や関心は、第一に尊重されるべきである」など、私がフリースクールやホームエデュケーションなどの実践を52年間続けてきたなかで重要だと感じていることとも重なっています。

子どもの学び"遊び”が大切


 フリースクールの活動において、いくつか大切なことがあります。その一つが「失敗を保障する」ということです。たとえば、化学などの実験では結果を失敗と捉えることを前提としていません。しかし、失敗が思いもよらぬ予想外のすばらしい成果に結びつくということは少なくありません。一見すると失敗に見えることでも、じつは新しい解決法や知見をもたらす種になるということは周知の事実かと思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりって悪いこと?2人の専門家に聞くひきこもりの現在地

581号 2022/7/1

直近5年で倍増した小学生不登校背景にある生きづらさの低年齢化

567号 2021/12/1

学校再開後に強まる「元どおり」内田良氏が提言する登校以外の道

567号 2021/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…