不登校新聞

309号(2011.3.1)

自分を見つめ直すきっかけに 秋山琴美(17歳)

2013年07月16日 13:47 by kito-shin
2013年07月16日 13:47 by kito-shin


 2月11日~12日にかけて行なわれたJDECに合わせ、子ども若者全国合宿が行なわれた。今回、合宿に参加した秋山琴美さん(17歳)に、合宿の目玉企画や全体のようすなど、執筆していただいた。

 まさか自分がJDECに参加するなんて……と、いまだに思っている今日このごろです。JDECの名称くらいは、色んなところで聞いていたのですが、横文字で英語ということで、なんとなく身近に感じなかったというか、ぶっちゃけ何のイベントなのかすら知りませんでした。けど今回、「不登校の子どもの権利宣言を広めるネットワーク」のワークショップを出し、このJDECでネットワーク立ち上げを宣言するということで、参加することになりました。

 こうして一気にぐっと、自分に近づいたJDECですが、なんとなく「JDECの開催? 半年後じゃね?」と思っていたら、なんと3日後に迫っており、しかもその当日は大雪とか天気予報ちょっと顔貸せ的な感じでした。夏の時期の合宿系イベントと、こういった冬の時期の合宿系イベントで違うのは、持っていく着替えの「かさ」でしょうか。「1泊しかしないのになぜこんなに荷物が!?」と思ったら、重ね着の分でした。そして重ね着に気を取られていたら、「宿泊先にない」というのを忘れて、バスタオルを持っていくのを忘れました。それはまだよくて、一番不安だったのは、交通でした。こんな吹き付けるような大雪で、電車止まったりしないかと、ヒヤヒヤしていました。とにかく冬の合宿は大変だと思います。

 そんな風に、会場にたどり着くだけでそこそこ一苦労でしたが、オープニングでは期待していたプチ・ハプニングも特になく無事に終わりました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】小中高すべてで不登校した私が高認に合格するまでの10年間

590号 2022/11/15

「他人にどう思われるかは考えなくていい」不登校の僕に刺さったアドラーの教え

590号 2022/11/15

人の目が怖くて不登校した僕が、路上マジックで成功した理由

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…