不登校新聞

309号(2011.3.1)

声「自分を生きるために」

2013年07月16日 13:41 by kito-shin
2013年07月16日 13:41 by kito-shin

 私が購読している雑誌にジャーナリスト・北村肇さんと精神科医・斎藤環さんの対談が載っていました。

 そのなかで斎藤さんは、「厚生労働省もついに『ひきこもりの8割は病気』という見解を公表したが、今回は誰もそれに反発しない。当時、ひきこもり擁護の論陣を張った全共闘世代の高岡健さんも声を上げていない。これは本当に矛盾を感じる」という趣旨のコメントをしていました。ところが、この厚労省の発表に対し、同じ時期に内閣府の報告書がさっそく批判しています。

 正直、感情的に言うべきではありませんが、なにか斎藤さんが鬼の首でも取ったように「ひきこもりの8割は自分が言ってきたように、病気なんだ」と鼻高々に仰っているように聞こえます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【全文公開】小中高すべてで不登校した私が高認に合格するまでの10年間

590号 2022/11/15

「他人にどう思われるかは考えなくていい」不登校の僕に刺さったアドラーの教え

590号 2022/11/15

人の目が怖くて不登校した僕が、路上マジックで成功した理由

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…