不登校新聞

309号(2011.3.1)

声「自分を生きるために」

2013年07月16日 13:41 by kito-shin

 私が購読している雑誌にジャーナリスト・北村肇さんと精神科医・斎藤環さんの対談が載っていました。

 そのなかで斎藤さんは、「厚生労働省もついに『ひきこもりの8割は病気』という見解を公表したが、今回は誰もそれに反発しない。当時、ひきこもり擁護の論陣を張った全共闘世代の高岡健さんも声を上げていない。これは本当に矛盾を感じる」という趣旨のコメントをしていました。ところが、この厚労省の発表に対し、同じ時期に内閣府の報告書がさっそく批判しています。

 正直、感情的に言うべきではありませんが、なにか斎藤さんが鬼の首でも取ったように「ひきこもりの8割は自分が言ってきたように、病気なんだ」と鼻高々に仰っているように聞こえます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...