不登校新聞

309号(2011.3.1)

当事者から学ぶ発達障害 講師に小道モコさん

2013年07月16日 13:59 by kito-shin
2013年07月16日 13:59 by kito-shin
 3月6日、高知県にて学習会「発達障害~自閉症スペクトラムを考える」が開催される。主催はNPO法人登校拒否・不登校を考える全国ネットワーク。

 1981年、イギリスの研究者ローナ・ウィングが「アスペルガー症候群と自閉症は、ひとつながりなものである」と訴え、それを「自閉症スペクトラム」と呼んだ。特徴は3つ、「相互的対人関係の苦手さ」「コミュニケーションの苦手さ」「こだわり」にある。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

5・3憲法集会 6000人が参加

218号 2007/5/15

ロシアのオルタナティブスクールで国際大会

218号 2007/5/15

今月の子ども若者編集部は

410号 2015/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…