不登校新聞

309号(2011.3.1)

市・県側、自殺要因に家庭の責任も言及? 桐生小6女児いじめ自殺裁判

2013年07月16日 13:36 by kito-shin
2013年07月16日 13:36 by kito-shin
 裁判では、いじめと自殺の因果関係を認めるかが最大の争点になる。訴状によると、明子さんは転校間もない小学4年生の2学期からいじめを受けるようになり、容姿をからかう悪口や給食時に仲間はずれにされるなどのいじめが6年生に進級してからも続いた。

 遺族は学校に改善策を取るよう求めていたが、とくに指導はなく、欠席の連絡に、担任は「また心の病気ですか」とくり返し言った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールに通う不登校家庭に都が年最大12万円支給 調査協力を条件に

582号 2022/7/15

不登校対応はどう変わるか 最新の有識者会議報告書の要点を本紙記者が解説

582号 2022/7/15

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

587号 2022/10/1

「こいのうた」「浮舟」など、2000年代に数々のヒット曲を生み出したスリーピー…

586号 2022/9/15

気持ちをうまく言葉にできない、と悩んでいた7年間のひきこもり経験を持つ瀧本裕喜…

585号 2022/9/1

「夏休みの終わりが近づくにつれ、胸がキリキリと締めつけられて苦しくなっていった…