不登校新聞

466号 2017/9/15

2度の自殺未遂から精神科医へ 支えになったのは「薬」ではなく

2017年09月14日 15:18 by koguma



 著者の夏苅郁子さんは児童精神科医ですが、その半生は順風満帆なものではありませんでした。家庭をかえりみない父、統合失調症の母。夏苅さん自身も学生時代にも壮絶ないじめを経験し、心の病にもかかります。そして、2度の自殺未遂。「人」により、とことんまで追いつめられてしまいます。

 そんな夏苅さんを助けたのは、12の出会いでした。伯母、親友のほか、『わが家の母はビョーキです』の著者で漫画家の中村ユキさんとの出会いが、その都度、夏苅さんを救ってきました。本書は生きる意欲を少しずつ取り戻し、「人は、人を浴びて人になる」と実感できるまでの過程を書いた夏苅さんの自伝です。

 本書のなかで、不登校にも通じる話だと感じた部分があります。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ほっとスクール希望丘 不登校の歴史vol.527

527号 2020/4/1

ひといき

527号 2020/4/1

かがり火

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。