不登校新聞

469号 2017/11/1

福井中2自殺、パワハラのような先生からの叱責

2017年11月06日 14:47 by kito-shin



 2017年3月14日に福井県池田町の中学2年生男子生徒が学校で自殺した事件について、池田町学校事故等調査委員会の調査報告書要約が公表された。

 報告は、生徒会副会長でマラソン大会の実行委員長に選ばれた彼に対し、目撃した生徒らが身ぶるいするほど大声で担任が大会準備について怒鳴ったこと。

 副担任が宿題の未提出を叱責し「できないなら、やらなくてよい」と言い、彼は「やらせてください」と土下座しようとしたこと、本年2月の生徒会当日に職員室前で、担任が副会長である彼に「お前やめてもいいよ」と大声で叱責したなど、ほかの生徒らもひどいと感じた教師らの叱責の事実を指摘し、彼の孤立感、絶望感が自殺の原因とした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校でのいじめは年32万件発生 子どものSOSに気づくためには

490号 2018/9/15

波乱の幕開け 不登校の歴史vol.490

490号 2018/9/15

名前を言わなくてもいいので相談を

490号 2018/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...