不登校新聞

469号 2017/11/1

医者に行くべきか否かの判断基準は?児童精神科医が教える「親にできること」

2018年01月29日 16:41 by kito-shin

連載「児童精神科医に聞きました」vol.3

【質問】
小学3年生の子どもを持つ母親です。今年から担任になった先生から医療機関に行くよう暗にすすめられます。先日も「落ち着きがないのは発達障害が原因かもしれません」とも言われました。ネットでもいろいろ調べていて「一度相談してみようかな」と思う一方、家ではわりと落ち着いているし、小さいうちから薬を飲ませることには抵抗があります。医療機関との関わり方については、何を基準に判断したらいいでしょうか?

【回答】「落ち着きがない」のは注意欠如・多動症のせいではないかと、担任の先生は疑っているのでしょうね。もしその考えが正しければ、どこでも(つまり学校でも家の中でもスーパーマーケットでも)多動であるはずです。
 また、今よりも2年生のころのほうがもっと多動だったはずですし、1年生のころはさらに多動だったはずです。逆に言うと、学校でのみ多動だったり、去年よりも今年のほうが多動だったりする場合は、注意欠如・多動症ではないでしょう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「小学生から不登校なんて不安」子どもの意志を尊重して大丈夫?

509号 2019/7/1

落ち着きがないのはADHDかも、そんなとき大事な「9分だけ理論」

504号 2019/4/15

「息子の家庭内暴力を止めたい」まず親がすべきことは

500号 2019/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...