不登校新聞

469号 2017/11/1

不登校のなかでも優劣があるのか? 働けるあいつらと働けない私

2017年10月30日 16:22 by kito-shin



 私は25歳の現役ひきこもりです。小学6年で不登校になり、フリースクールに通いました。フリースクールを卒業したあとは、家ですごしています。

 フリースクールにいたころから、気になっていることがあります。それは「働くことができない」ということです。同い年の子の「やっとバイト先が決まったよ」とか「居酒屋のバイトを始めるんだ」という話を聞くと、「なんでそんなことできるの?」と思いました。私は電車で移動するだけでヘトヘトになってしまうのに、なんでそんなに体力があるのか、と。「同じ不登校でも優劣があるのか?」と焦りと不安でいっぱいになるとともに、「自分も働かなければ」と強く思いました。

 働いて自由に使えるお金を得れば、親の目を気にせず好きに遊べるし、ほしいものも気軽に買えます。それに、アルバイトをすれば、私という存在を社会が認めてくれると思っていました。「不登校だったし、ひきこもった時期もあるけど、今はフリーターとして働いている」。そう言えるようになりたかったのです。

 けれど、それはかんたんなことではありませんでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校した本人たちが挙げた4つのイヤだったこと

506号 2019/5/15

「本人の努力次第ではない」発達障害で50年、生きてきた私の半生

506号 2019/5/15

「ともに苦しんでくれた」それが不登校の私に最も必要だった

505号 2019/5/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...