不登校新聞

469号 2017/11/1

不登校のなかでも優劣があるのか? 働けるあいつらと働けない私

2017年10月30日 16:22 by kito-shin



 私は25歳の現役ひきこもりです。小学6年で不登校になり、フリースクールに通いました。フリースクールを卒業したあとは、家ですごしています。

 フリースクールにいたころから、気になっていることがあります。それは「働くことができない」ということです。同い年の子の「やっとバイト先が決まったよ」とか「居酒屋のバイトを始めるんだ」という話を聞くと、「なんでそんなことできるの?」と思いました。私は電車で移動するだけでヘトヘトになってしまうのに、なんでそんなに体力があるのか、と。「同じ不登校でも優劣があるのか?」と焦りと不安でいっぱいになるとともに、「自分も働かなければ」と強く思いました。

 働いて自由に使えるお金を得れば、親の目を気にせず好きに遊べるし、ほしいものも気軽に買えます。それに、アルバイトをすれば、私という存在を社会が認めてくれると思っていました。「不登校だったし、ひきこもった時期もあるけど、今はフリーターとして働いている」。そう言えるようになりたかったのです。

 けれど、それはかんたんなことではありませんでした。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめられていた私にとって「逃げていい」が嬉しくない理由

510号 2019/7/15

不登校の子どもにも権利がある、10年間訴え続けた私が思うこと

510号 2019/7/15

不登校によって消えていった、私の「ごた」を取り戻すまで

509号 2019/7/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

510号 2019/7/15

参議院議員通常選挙に際し、『不登校新聞』では各政党に不登校に関する現状認識...

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...