不登校新聞

469号 2017/11/1

2014年、不登校の状況は 不登校の歴史vol.469

2017年10月30日 13:37 by kito-shin

2014年、不登校政策が変わっていきそうだという予兆を受けて、翌年の2015年は、具体的な検討が、かつてなく行なわれた。

 ひとつは、「フリースクール等に関する検討会議」であり、もうひとつは「不登校に関する調査研究協力者会議」であり、さらに大きくは「フリースクール等議員連盟」と「夜間中学等義務教育拡充議員連盟」の合同総会による新法の検討が具体的に進められた年であったからである。

 そこで、これらの動きによってどう変わっていくのか。その前に2014年の不登校をめぐる状況をおさえておきたい。

 文科省は2014年、「平成25年度児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」を発表した。そのなかの不登校に関係する部分からピックアップして読者に伝えたい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の親には味方が必要です。そんな思いになる一冊

504号 2019/4/15

子どもの虐待死を機に注目されたアドボケイト制度

504号 2019/4/15

トイレの音消しは意味があるのか【編集後記】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...