不登校新聞

469号 2017/11/1

逃げたあとで「逃げてしまったダメな自分」からも逃げるのが大事説

2017年10月30日 14:57 by kito-shin

連載「仮説なんですが…」vol.10

 「場から逃げたら、次は自分自身にまとわりついているイメージやストーリーから逃げることが大事」という仮説について書きます。もちろん、そのイメージが苦しくなってきたら、という条件つきです。

 「苦しくなったらその場から逃げてしまうことが大切である」という言説を最近よく聞くようになってきました。自ら死を選ぶくらいだったら、まずはその場所から逃げ出したほうがよい、それは自分を救うことだ、と。

物語が追ってくる

 しかし、学校を長期にわたって休んだりやめたりすると、今度は、自分への否定的なイメージがまとわりついてくるようになります。「みんなが行っているのに行けないのは自分に何か問題があるのではないか」「このままだと社会性が身につかないのではないか」など、世間の眼差しを受けて、自分について否定的なイメージやストーリーをつくってしまうことも少なくありません。「小さいころ、ああいう出来事に出会ったからこうなってしまったのだ」など、と。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクール代表が仮説を提言「実は不登校は増えていない」説

551号 2021/4/1

なぜ現在の支援は不十分なのか、ひきこもり経験者が考えてみた

550号 2021/3/15

「不登校の理解が広がると同時に分断も深まる」説

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...