不登校新聞

469号 2017/11/1

逃げたあとで「逃げてしまったダメな自分」からも逃げるのが大事説

2017年10月30日 14:57 by kito-shin

連載「仮説なんですが…」vol.10

 「場から逃げたら、次は自分自身にまとわりついているイメージやストーリーから逃げることが大事」という仮説について書きます。もちろん、そのイメージが苦しくなってきたら、という条件つきです。

 「苦しくなったらその場から逃げてしまうことが大切である」という言説を最近よく聞くようになってきました。自ら死を選ぶくらいだったら、まずはその場所から逃げ出したほうがよい、それは自分を救うことだ、と。

物語が追ってくる

 しかし、学校を長期にわたって休んだりやめたりすると、今度は、自分への否定的なイメージがまとわりついてくるようになります。「みんなが行っているのに行けないのは自分に何か問題があるのではないか」「このままだと社会性が身につかないのではないか」など、世間の眼差しを受けて、自分について否定的なイメージやストーリーをつくってしまうことも少なくありません。「小さいころ、ああいう出来事に出会ったからこうなってしまったのだ」など、と。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「居場所に意味なんて必要ない」居場所スタッフが考える居場所論

498号 2019/1/15

「障害児と不登校、問題の根は同じでは」説【仮説なんですが】

496号 2018/12/15

“不登校による喪失体験は自立のきっかけにもなる”説【仮説なんですが】

495号 2018/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...

497号 2019/1/1

過去最多を更新した不登校と児童虐待。子どもたちを取り巻く状況にどんな変化が...

496号 2018/12/15

父がしてくれたことで、とてもうれしかったことがありました。不登校でひとり暮...