不登校新聞

469号 2017/11/1

逃げたあとで「逃げてしまったダメな自分」からも逃げるのが大事説

2017年10月30日 14:57 by kito-shin

連載「仮説なんですが…」vol.10

 「場から逃げたら、次は自分自身にまとわりついているイメージやストーリーから逃げることが大事」という仮説について書きます。もちろん、そのイメージが苦しくなってきたら、という条件つきです。

 「苦しくなったらその場から逃げてしまうことが大切である」という言説を最近よく聞くようになってきました。自ら死を選ぶくらいだったら、まずはその場所から逃げ出したほうがよい、それは自分を救うことだ、と。

物語が追ってくる

 しかし、学校を長期にわたって休んだりやめたりすると、今度は、自分への否定的なイメージがまとわりついてくるようになります。「みんなが行っているのに行けないのは自分に何か問題があるのではないか」「このままだと社会性が身につかないのではないか」など、世間の眼差しを受けて、自分について否定的なイメージやストーリーをつくってしまうことも少なくありません。「小さいころ、ああいう出来事に出会ったからこうなってしまったのだ」など、と。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

504号 2019/4/15

不登校だった僕は、土屋太鳳にあらがえない説【仮説なんですが】

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...