不登校新聞

469号 2017/11/1

不登校ではなく、じつは「ひといちばい敏感な子(HSC)」?

2017年11月04日 09:12 by kito-shin



 「すぐにびっくりする」「服の生地がチクチクしたり、靴下の縫い目や服のラベルが肌に当ったりするのをいやがる」「大きな変化に対応できない」「たくさんのことを質問する」「うるさい場所をいやがる」「痛みに敏感である」など。23項目あるチェックリストのうち、13個以上に「はい」と答えるなら「HSC」の可能性がある――。そう指摘するのは、アメリカの臨床心理士で本書の著者のエレイン・N・アーロンさんです。

 「HSC」とは「The Highly Sensitive Child」の略。本書を翻訳した児童精神科医・明橋大二さんは「ひといちばい敏感な子」と訳しています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

令和版人生ゲームにはユーチューバ―も登場。「東京おもちゃショー」に行ってきました

517号 2019/11/1

小中学生不登校13万人時代 不登校の歴史vol.517

517号 2019/11/1

増加する子どもたちの自殺、何が私たちにできるのか

517号 2019/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...