不登校新聞

469号 2017/11/1

不登校ではなく、じつは「ひといちばい敏感な子(HSC)」?

2017年11月04日 09:12 by kito-shin



 「すぐにびっくりする」「服の生地がチクチクしたり、靴下の縫い目や服のラベルが肌に当ったりするのをいやがる」「大きな変化に対応できない」「たくさんのことを質問する」「うるさい場所をいやがる」「痛みに敏感である」など。23項目あるチェックリストのうち、13個以上に「はい」と答えるなら「HSC」の可能性がある――。そう指摘するのは、アメリカの臨床心理士で本書の著者のエレイン・N・アーロンさんです。

 「HSC」とは「The Highly Sensitive Child」の略。本書を翻訳した児童精神科医・明橋大二さんは「ひといちばい敏感な子」と訳しています。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

特攻「回天」の基地跡で思う現代教育との共通項【8月15日号企画】

536号 2020/8/15

令和元年10月25日通知とは 不登校の歴史vol.536

536号 2020/8/15

全国不登校新聞社 新代表理事の就任あいさつ

536号 2020/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...