不登校新聞

485号 2018/7/1

「不登校だけどすごい才能が…」話にウンザリ ただ生きてるだけじゃダメなのか

2018年06月29日 10:32 by motegiryoga



 「不登校のAさんには、すばらしい絵の才能があり……」「ひきこもりのBくんは天才的なプログラミングの技術をもっていて……」。こうした話を仕事がら、しょっちゅう聞く。このような「不登校だけどすごいんだぞ話」を聞くと、いつもモヤモヤしてしまう。この言葉の背後に「不登校のままではダメだ」「何か光るものがなければだめだ」という考えが透けて見えるからだ。

 子ども若者編集部で出会う不登校経験者たちも、上記のような価値基準を内面化し、苦しんできた人は多い。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親や家族に捨てられた」ひきこもり当事者の生の声を聞く【書籍紹介】

522号 2020/1/15

有名人に会えて感激、東京ゲームショウ2019レポート

522号 2020/1/15

法の誕生を本で知らせよう 不登校の歴史vol.522

522号 2020/1/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...