不登校新聞

485号 2018/7/1

「不登校だけどすごい才能が…」話にウンザリ ただ生きてるだけじゃダメなのか

2018年06月29日 10:32 by motegiryoga



 「不登校のAさんには、すばらしい絵の才能があり……」「ひきこもりのBくんは天才的なプログラミングの技術をもっていて……」。こうした話を仕事がら、しょっちゅう聞く。このような「不登校だけどすごいんだぞ話」を聞くと、いつもモヤモヤしてしまう。この言葉の背後に「不登校のままではダメだ」「何か光るものがなければだめだ」という考えが透けて見えるからだ。

 子ども若者編集部で出会う不登校経験者たちも、上記のような価値基準を内面化し、苦しんできた人は多い。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...