不登校新聞

486号 2018/7/15

かがり火

2018年07月13日 13:31 by kito-shin



 本紙7月1日号5面のPN富良野しおんさんの「自分を大切にするための鈍感」の記事を興味深く読ませていただいた。心やさしい富良野さんは誰かにイヤな思いをさせないためにガマンしたり、まわりの視線などに気をつかいすぎて自分を大切にしないことに気づいて、心のアンテナを鈍感に切り替えた。

 誰かを傷つけたり、人権を侵害して平気などこかの政治家や、子どもを傷つけて「生徒指導」と言う教師の鈍感とはちがう。富良野さんの文から、筆者の「脳が半分眠る術」を編み出した若いころを思い出した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『生きづらさを抱えるきみへ』逃げ方にもいろいろあるよ

506号 2019/5/15

教育機会確保法、やっと上程へ 不登校の歴史vol.506

506号 2019/5/15

不登校にとって平成はどんな時代だったのか

506号 2019/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...

505号 2019/5/1

発達障害、家庭内暴力、不登校、ひきこもり、うつ病などを経て2011年、「も...

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...