不登校新聞

486号 2018/7/15

かがり火

2018年07月13日 13:31 by kito-shin



 本紙7月1日号5面のPN富良野しおんさんの「自分を大切にするための鈍感」の記事を興味深く読ませていただいた。心やさしい富良野さんは誰かにイヤな思いをさせないためにガマンしたり、まわりの視線などに気をつかいすぎて自分を大切にしないことに気づいて、心のアンテナを鈍感に切り替えた。

 誰かを傷つけたり、人権を侵害して平気などこかの政治家や、子どもを傷つけて「生徒指導」と言う教師の鈍感とはちがう。富良野さんの文から、筆者の「脳が半分眠る術」を編み出した若いころを思い出した。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

検討会議が込めた願い 不登校の歴史vol.516

516号 2019/10/15

学校へ派遣される弁護士「スクールロイヤー」へ期待できること

516号 2019/10/15

ひといき

516号 2019/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...