不登校新聞

486号 2018/7/15

全員歓迎のハイテンションが通いづらさを生む説

2018年07月13日 17:36 by kito-shin



連載「仮説なんですが…」vol.23

 「誰もが来られる居場所」が苦手だ。集団が苦手というのもあるが、「誰もが来られる居場所」のなかで自然に形成されることがある高いテンションのグループが苦手なのだ。別に同じテンションですごすことを強要されるわけではない。しかしハイテンションなグループが近くにいるなかで、ひっそりとそこに居続けることは独特のしんどさがある。

 地域の「子ども食堂」に参加したことがある。場を切り盛りしているハイテンションなおばさんたちや会場を駆けまわる子どもたち。そして子どもたちと取っ組み合いながら遊ぶおじさん。客観的に見れば微笑ましい光景であり、おそらくその「ハイテンション」が必要なのかもしれない。しかし、そのテンションに同調することは自分にとってそうとうな負担だ。自分と同じような心持ちの人は、それを察して、そもそも来ないのではないだろうか。ここに「誰もが来られる居場所」に来られない人がいる、という不思議な現象が起きる。わたしも最近は行っていない。

 高いテンションは場を支配する。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりは自己治療説【仮説なんですが】

507号 2019/6/1

「不登校を抜けるきっかけ」親の提案が子どもにウケない理由

505号 2019/5/1

居場所が「不登校の受け皿」になるとアブナイ気がする

504号 2019/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...

506号 2019/5/15

シングルマザーの母親と不登校の娘を描いた漫画『たそがれたかこ』(講談社)。...