不登校新聞

487号 2018/8/1

「不登校という言葉はもうやめよう」だって差別用語だから

2018年07月31日 14:59 by kito-shin



 「不登校という言葉は最悪だ」。そう語るのはPN喜久井ヤシンさん。自身の経験を「不登校」という言葉で語りたくないという喜久井さんに、思いを書いていただいた。

********

 私は『不登校新聞』のど真ん中で訴えよう、「不登校」なんて言葉は最悪だ、と。

 まず「不」とは何事か。ガッコウに行かないこと、行けないことについて何十年も議論しているというのに、いまだに「登校の否定」によってしか語れないなんてどうかしている。もしも日本語で女性のことを「不男性」、LGBTを「不異性愛」、在日コリアンを「不日本人」などと呼んでいたら差別だろう。なのになぜ「不登校」はありなのか。そして便宜上必要だったとはいえ、「不登校」という言葉が、なぜ法律にも位置づけられてしまったのか。

 この言葉の最大の欠点は、何十年と続いている社会問題が、子ども個人のせいであるかのように語られてしまうことだ。「学校恐怖症」や「登校拒否」などとも言われてきたが、この問題は社会全体の病理であり、個人の「不登校」が語られたところで改善していかない。「君が不登校になった原因は?」なんて愚問が子どもに向かってあと百年くり返されても、社会全体の「不登校」問題は変わらない。

 「聾」のように「癩」のように「白痴」のように、「不登校」という語にこびりついた被差別の血の痕が見えないだろうか。私は旧世紀の差別語のように、この言葉を歴史上の遺物へと追いやりたい。

ジェンダーでは多様な言葉が

 それとも一度、世に普及した言葉は変えようのない、当事者たちの選びようのないものだと信じているのだろうか? だとしたらまちがいだ。言葉はそんなものではない。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

毎日泣きながら学校へ通い続けた 私が、不登校できなかった理由

520号 2019/12/15

全校生徒の前でまるで公開処刑、理不尽な校則必要ですか?

520号 2019/12/15

14歳の僕が感じたフリースクールで傷ついた一言

520号 2019/12/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...

519号 2019/12/1

祖父母が孫の子育てに関わる家庭も増えてきました。今回は祖母自身が「孫の不登...

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...