不登校新聞

199号(2006.8.1)

27万世帯に「心の健康」調査【厚労省】

2018年11月06日 15:32 by shiko

 

 自殺者が8年連続で3万人を超える状況が続くなか、国会では、2006年6月15日、自殺対策基本法が成立した。

 同法は、基本施策として、職場・学校などにおける「心の健康」保持にかかわる体制整備、医療提供体制の整備、自殺の危険が高い者の早期発見、自殺発生回避のための体制整備、自殺者の親族などへの支援、民間団体の活動への支援などをあげている。

 これを受け、厚生労働省は、自殺対策に動きを見せ始めている。

心の健康調査

 厚労省は、来年から全国約27万世帯の12歳以上を対象に、心の健康状態を調査する方針を決めた。

 同省が実施している「国民生活基礎調査」のなかに、うつ状態や気分・不安障害などの簡易測定指標を盛り込む。

 設問は、最近1カ月の心の状態について「神経過敏に感じたか」「絶望的だと感じたか」「自分は価値のない人間だと感じたか」など6項目について、「いつも」「たいてい」「ときどき」「少しだけ」「まったくない」の5つから選択するようになっている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「先生だってたいへんなんです」精神疾患で休職する教員の実情は

499号 2019/2/1

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

195号(2006.6.1)

自殺防止対策基本法案、大綱発表

195号(2006.6.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

500号 2019/2/15

昨年末に不登校新聞社が開催したシンポジウム「不登校の人が一歩を踏み出す時」...

499号 2019/2/1

「教育機会確保法」の施行から今月で丸2年。この間の千葉県の動きは活発であり...

498号 2019/1/15

漫画家りゃこさんが、毎回、自身の不登校経験を漫画で解説する「私の不登校もの...