不登校新聞

495号 2018/12/1

子どもの電話相談「チャイルドライン」、相談理由は「話しを聞いて」7割

2018年11月28日 16:47 by kito-shin



 子どもの電話相談などに取り組む認定NPO法人「チャイルドライン支援センター」(以下、センター)は今年8月、最新の年次報告を取りまとめた。

 それによると、2017年度に「チャイルドライン」として受けた電話の着信数は19万8434件と、前年度と比べて1万809件減少した。

 フリーダイヤルを通年で実施するようになった2009年度以降、初めて着信数が20万件を下まわった。

 背景についてセンターでは「通話契約のないスマートフォンや電話離れが要因のひとつに考えられる」と分析している。

“人間関係”7年連続で最多

 着信した電話のうち、電話をかけてきた理由が判明しているのは5万4366件。

 内訳をみると、「話を聴いてほしい」が3万9647件(72・9%)と最も多く、「答えがほしい」8819件(16・2%)、「誰かとつながっていたい」2469件(4・5%)と続いた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

自傷行為の手当の方法や相談先を集約したリーフレットを医師らが無料公開

578号 2022/5/15

学校とのやりとりで困った保護者は9割、親の声から生まれた学校への依頼文が公開中

577号 2022/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...