不登校新聞

495号 2018/12/1

子どもの電話相談「チャイルドライン」、相談理由は「話しを聞いて」7割

2018年11月28日 16:47 by kito-shin



 子どもの電話相談などに取り組む認定NPO法人「チャイルドライン支援センター」(以下、センター)は今年8月、最新の年次報告を取りまとめた。

 それによると、2017年度に「チャイルドライン」として受けた電話の着信数は19万8434件と、前年度と比べて1万809件減少した。

 フリーダイヤルを通年で実施するようになった2009年度以降、初めて着信数が20万件を下まわった。

 背景についてセンターでは「通話契約のないスマートフォンや電話離れが要因のひとつに考えられる」と分析している。

“人間関係”7年連続で最多

 着信した電話のうち、電話をかけてきた理由が判明しているのは5万4366件。

 内訳をみると、「話を聴いてほしい」が3万9647件(72・9%)と最も多く、「答えがほしい」8819件(16・2%)、「誰かとつながっていたい」2469件(4・5%)と続いた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

「登校だけが目標ではない」都教委が不登校支援の方針を周知

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...