不登校新聞

495号 2018/12/1

子どもの電話相談「チャイルドライン」、相談理由は「話しを聞いて」7割

2018年11月28日 16:47 by kito-shin



 子どもの電話相談などに取り組む認定NPO法人「チャイルドライン支援センター」(以下、センター)は今年8月、最新の年次報告を取りまとめた。

 それによると、2017年度に「チャイルドライン」として受けた電話の着信数は19万8434件と、前年度と比べて1万809件減少した。

 フリーダイヤルを通年で実施するようになった2009年度以降、初めて着信数が20万件を下まわった。

 背景についてセンターでは「通話契約のないスマートフォンや電話離れが要因のひとつに考えられる」と分析している。

“人間関係”7年連続で最多

 着信した電話のうち、電話をかけてきた理由が判明しているのは5万4366件。

 内訳をみると、「話を聴いてほしい」が3万9647件(72・9%)と最も多く、「答えがほしい」8819件(16・2%)、「誰かとつながっていたい」2469件(4・5%)と続いた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

文科要請「2月中に登校してない子に面会を」、面会相手は先生以外も可

501号 2019/3/1

「先生だってたいへんなんです」精神疾患で休職する教員の実情は

499号 2019/2/1

「小児医療に警鐘」市民の人権擁護の会

195号(2006.6.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

504号 2019/4/15

千葉県習志野市で行なわれたシンポジウム「私にとっての不登校」では、不登校経...

503号 2019/4/1

幼稚園から小学校の低学年まで不登校。現在はリクルート社で不登校の子らへの学...

502号 2019/3/15

小学4年生の夏休み明けから不登校になり、学校復帰を焦るなかでひきこもりも始...