不登校新聞

192号(2006.4.15)

小学2年生から不登校、10年ぶりの舞台へ

2019年01月08日 15:49 by shiko



 「大塚幸治郎ギターリサイタル~あれから10年…感謝を込めて~」が2006年4月22日(土)サントリーホール・小ホール(東京港区)で行なわれる。大塚さんにとっては初めてのリサイタル(独奏会)だ。

 大塚さんは小学校2年生のときに不登校になった。家で過ごすなか、自宅で見つけたギターに興味を持ったのが、クラシックギターとの出会いだ。

 両親のすすめもありギター教室に通うようになるが、ここで出会ったギターの先生に大きく影響される。「先生の弾くギターの音色が、本当にきれいですごかった」。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

教育委員会は民間と連携して 不登校の歴史vol.538

538号 2020/9/15

ひといき

538号 2020/9/15

森の喫茶店 第538号

538号 2020/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...