不登校新聞

192号(2006.4.15)

小学2年生から不登校、10年ぶりの舞台へ

2019年01月08日 15:49 by shiko
2019年01月08日 15:49 by shiko



 「大塚幸治郎ギターリサイタル~あれから10年…感謝を込めて~」が2006年4月22日(土)サントリーホール・小ホール(東京港区)で行なわれる。大塚さんにとっては初めてのリサイタル(独奏会)だ。

 大塚さんは小学校2年生のときに不登校になった。家で過ごすなか、自宅で見つけたギターに興味を持ったのが、クラシックギターとの出会いだ。

 両親のすすめもありギター教室に通うようになるが、ここで出会ったギターの先生に大きく影響される。「先生の弾くギターの音色が、本当にきれいですごかった」。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

編集後記

584号 2022/8/15

編集後記

583号 2022/8/1

『不登校新聞』のおすすめ

582号 2022/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…