不登校新聞

192号(2006.4.15)

小学2年生から不登校、10年ぶりの舞台へ

2019年01月08日 15:49 by shiko



 「大塚幸治郎ギターリサイタル~あれから10年…感謝を込めて~」が2006年4月22日(土)サントリーホール・小ホール(東京港区)で行なわれる。大塚さんにとっては初めてのリサイタル(独奏会)だ。

 大塚さんは小学校2年生のときに不登校になった。家で過ごすなか、自宅で見つけたギターに興味を持ったのが、クラシックギターとの出会いだ。

 両親のすすめもありギター教室に通うようになるが、ここで出会ったギターの先生に大きく影響される。「先生の弾くギターの音色が、本当にきれいですごかった」。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...