不登校新聞

192号(2006.4.15)

教育基本法は何が変わるのか【講演抄録・上】

2019年01月08日 15:44 by shiko



 教育基本法「改正」が現実味を帯びてきた。基本法「改正」とは、どんな問題をはらむのか、どんな目的があるのか。2006年3月26日に開かれた「教育基本法・憲法の改悪をとめよう~3・25大阪集会」(主催・子どもたちに渡すな! 危ない教科書大阪の会)から2回にわけて三宅晶子さんの講演抄録を掲載する。 

 * * *

 教育基本法「改正」は、たんなる教育問題ではなく、労働、資本の問題であると考えています。「改正案」の作成過程を見ると、これまでの教育実績を検証せず、理念先行で作成されてきました。

 その理念とは「現在のグローバリゼーションを勝ち抜くために、どう労働を変えていくか」という「新国家主義」「新自由主義」の理念です。

 そもそも新自由主義とは何なのでしょうか。最初は「自由」という言葉に惑わされたかもしれません。しかし、この「自由」はけっして私たち市民の自由を拡大するわけではありません。

 企業や資本家といった巨大な「資本」が国境を越えて労働者から搾取する自由の拡大です。資本の自由の拡大は、これまで「第3世界」と呼ばれていた国に加え、先進国の底辺層に「新たな植民地」を生むことになったのです。

 05年夏の「ハリケーン・カトリーナ」(死者1300人あまり)の災害で、目の当たりにしたのが「新たな植民地」の犠牲者です。

 アメリカという先進国でさえ、治水されていない地域があったために、大勢の犠牲者が生まれました。地域格差ゆえの犠牲とも言えます。

 イラク戦争の兵士たちも同様です。彼らが兵士を志願した理由は「学費がほしい」「移民者なので国籍がほしい」などでした。

 つまり、生活基盤を獲得するために、自分の命のリスクをおかして戦場に向かったのです。アメリカでは、こうして切り捨てられた底辺層が搾取されています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校復帰を目指さない」教委が語る栃木県町長の教育改革

191号(2006.4.1)

NPO代表が語る、学校外の学びを公的に位置付ける意義

191号(2006.4.1)

知事の提案で広がった不登校の支援事業

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...