不登校新聞

192号(2006.4.15)

小児薬物療法検討会議が初会合 厚労省

2019年01月08日 16:02 by shiko



 子どもにとって安全な用法・容量が明らかでない医薬品が多くあることから、厚労省は有識者による検討会議「小児薬物療法検討会議」を設置し、今後5年間で100成分について根拠情報の収集と評価を行なうことにした。

 2006年3月30日、厚労省はその初会合を開いた。初会合では、同会議で検討対象とする医薬品の種類や優先度について話し合われ、まずは8成分について検討されることが決まった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

527号 2020/4/1

「自分の悩みを本気で打ち明けてみたい人は誰ですか」。そう聞いてみたところ不...

526号 2020/3/15

中学と高校、2度の不登校で苦しんだ不登校経験者にインタビュー。自身が「どん...

525号 2020/3/1

受験生の息子が突然の不登校。今ならばわかる「親にできること」を母親が講演。