不登校新聞

192号(2006.4.15)

ひきこもり家族の実情、さいたま市議らが全国調査

2019年01月08日 15:25 by shiko



 家族にひきこもり本人がいる家庭の実態調査が、平野祐次さいたま市議らによる委員会によってまとめられた。

 調査は2006年9月から12月にかけ、ひきこもり親の会など全国の関係団体に調査用紙2300部を配布、27%の618人から回答を得た。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

県内100カ所以上の不登校の相談先を網羅、千葉県教委が冊子作成

554号 2021/5/15

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...