不登校新聞

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

2019年01月08日 15:54 by shiko



 わが家には中2の長男、小6の長女、小2の二男がいます。3人ともバリバリの不登校です。

 Fonteのメーリングリストで、父親&夫としての立場の方々の経験を聞かせてもらえるのは、私にはありがたいことです。

 わが家にとって、「亭主元気で留守がいい」はちっとも古くありません。子どもたちが落ち着いて家で休むためには。父親が家にいたら、それだけでぴーんと空気が張りつめてしまいます。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

離島における不登校の現実、親のしんどさ 奄美大島に誕生した「フリースクールMINE」

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...