不登校新聞

192号(2006.4.15)

ココが変だよ 青少年条例(中)

2019年01月08日 16:00 by shiko



 前回からの続きです。17歳の女性とあたりまえに交際している21歳の男性が犯罪者にされる日本の人々は、もはやお茶の間で北朝鮮をバカにすることができません。

 ひとことで言えば、有権者大衆と議員、そしてマス・メディアなどがあまりにも愚かなため、日本社会が、道徳と法が分離しない野蛮状態に陥っているのです。

 最近、この野蛮さはエスカレートしています。大阪府では、ついに18歳未満の人と20歳以上の人が夜遅くいっしょにいただけで、20歳以上の人が警察に逮捕されて犯罪者にされてしまう条例ができました。

 さらに奈良県では、青少年が学校にいないで外にいるだけで、警察に補導されてしまう条例ができました。

 学校に若い人たちを強制収容すること自体が、奴隷的な扱いです。義務教育は、社会が青少年に教育を受けるチャンスを提供する義務であって、青少年に対する通学の義務ではありません。

 学校に強制収容するなど、もってのほかです。それが警察力によって強制されるようになったのです。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...