不登校新聞

192号(2006.4.15)

読者の声「手紙って」

2019年01月08日 15:55 by shiko



 私は、岐阜県の板取という自然がいっぱい(ようするに山ん中)の土地で、おいしい空気とおいしいお水を飲んで暮らしています。

 現在18歳の娘が一人、小4の秋から不登校。中学卒業後、1年半ほど岐阜市内で一人暮らしを満喫(したと思う)、その後、うちに帰ってきて、基本的にはおうちで好きなことをやったり、暇だと叫んだり、笑ったり泣いたりして暮らしています。

 私がやっている喫茶&菓子製造のお店で、土日にバイトをして自分の楽しみのためのお金を何とかしています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「1日でも早く学校に戻さねば」私のやり方は逆効果でした

546号 2021/1/15

「息子たちの不登校はギフト」出世コースも諦めて感じた豊かさ

546号 2021/1/15

「自立するにはどうすれば?」ひきこもる息子が祖父母を頼った理由

543号 2020/12/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

546号 2021/1/15

田舎で不登校になるのは本当にめんどくさい。もちろんは都会だろうと田舎だろう...