不登校新聞

192号(2006.4.15)

読者の声「手紙って」

2019年01月08日 15:55 by shiko
2019年01月08日 15:55 by shiko



 私は、岐阜県の板取という自然がいっぱい(ようするに山ん中)の土地で、おいしい空気とおいしいお水を飲んで暮らしています。

 現在18歳の娘が一人、小4の秋から不登校。中学卒業後、1年半ほど岐阜市内で一人暮らしを満喫(したと思う)、その後、うちに帰ってきて、基本的にはおうちで好きなことをやったり、暇だと叫んだり、笑ったり泣いたりして暮らしています。

 私がやっている喫茶&菓子製造のお店で、土日にバイトをして自分の楽しみのためのお金を何とかしています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校へ行ってくれたらな」息子の不登校から1年、迷い続ける母の本音

583号 2022/8/1

不登校の息子の対応で夫婦が同じ方向を向くようになったきっかけ

579号 2022/6/1

母・支援者として見てきた不登校の20年、親子で大丈夫と思えるために必要なこと

578号 2022/5/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

584号 2022/8/15

進学校で勉強が追いつかなくなり、高校1年生で不登校になった三宅勇也さん。塾の先…

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…