不登校新聞

192号(2006.4.15)

読者の声「手紙って」

2019年01月08日 15:55 by shiko



 私は、岐阜県の板取という自然がいっぱい(ようするに山ん中)の土地で、おいしい空気とおいしいお水を飲んで暮らしています。

 現在18歳の娘が一人、小4の秋から不登校。中学卒業後、1年半ほど岐阜市内で一人暮らしを満喫(したと思う)、その後、うちに帰ってきて、基本的にはおうちで好きなことをやったり、暇だと叫んだり、笑ったり泣いたりして暮らしています。

 私がやっている喫茶&菓子製造のお店で、土日にバイトをして自分の楽しみのためのお金を何とかしています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

受験生の息子が突然の不登校、今だからわかる親の寄り添い方

525号 2020/3/1

不登校の親が周囲の善意に疲れ果てて訪れる親の会

525号 2020/3/1

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...