不登校新聞

191号(2006.4.1)

中学を脱走しライターへ「生きづらさから何かが生まれる」

2019年02月14日 16:06 by shiko



 今回、『ヒト』の欄で書いてもらったのは、フリーライターの土田朋水さん(20歳)。なぜ、フリーライターを志望されたのか、実際に働いてみて感じられたことなどを書いてもらった。

 * * *

 「智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい」

 たしかにそうだ。ホントにそうだよな、と思う。夏目漱石が『草枕』で書いたこの言葉にはなんとも深い共感をおぼえるし、誰にも思い当たるふしがあるからこそ、これは多くの人によって引用される言葉となったのだろう。

 しかし、そこは夏目漱石である。彼は「この世は生きにくい」とただボヤくだけで終わらなかった。この言葉には続きがあるということを、一体どれぐらいの人が知っているだろう?

 フリーライターを名乗り、初めて記事を書いたのは18歳のときだった。

 きっかけは新聞に掲載されていた求人広告。「ライター募集」の文字に飛びついて雑誌社に履歴書を送ったのが始まりだ。

 今思えば、それもかなり変わった応募書類だったように思う。中学を途中で脱走して、子どもが新聞記事をつくる市民活動に参加し、取材でアメリカに行ったり、カンボジアへ行ったり。

 さらには独学でいろんなことを勉強してきたので、記事を書くなら任せてくださいと綴られた文書。われながらよくわからない不思議な履歴書である。

 けれど驚いてしまうのは、そんな人物をひとりのライターとして認め、きちんと採用してくれる雑誌社があったことだ。

 「君の経歴はなかなかおもしろい。学校に行かず18歳でフリーライターをやってるなんてね。それがいいと思ったんだよ」

 そういって「ワハハ!」と肩を叩いたのは、面接に現れた『ビッグイシュー』誌の代表だった。隣に座る編集長からは「どうぞよろしくお願いしますね」とお辞儀を受けたので、自分もあわてて「よろしくお願いします」と頭を下げた。

 18のこんな駆け出しライターにもチャンスを与えてくれ、見下したりなどせず、対等なパートナーとして接してくれる。そんなおとなたちに心の底から頭が下がる思いだった。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

理事退任のご挨拶と役員人事変更のお知らせ

535号 2020/8/1

やっとでた10月25日通知 不登校の歴史vol.535

535号 2020/8/1

かがり火

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...