不登校新聞

191号(2006.4.1)

「学校復帰を目指さない」教委が語る栃木県町長の教育改革

2019年02月14日 15:59 by shiko



 私が活動の拠点としている栃木県高根沢町は人口3万人の小さな町で、2002年に、高橋克法町長とお会いしました。

 そのとき、町長のほうから『不登校新聞』(現Fonte)を見せられて、「どこで学ぶより、何を学ぶかが大事で、学校を選択しなかった子どもたちの学ぶ権利を保障するのは町の義務だと思ってます。こうしたことは、すべて不登校新聞から学びました」とおっしゃったんですね。これには、びっくりしました。

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

わが子を信じて腹をくくろう、あなたの子どもは大丈夫です

544号 2020/12/15

NPO代表が語る、学校外の学びを公的に位置付ける意義

191号(2006.4.1)

知事の提案で広がった不登校の支援事業

191号(2006.4.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...