不登校新聞

191号(2006.4.1)

学校教育って何? 「教育」の逆転【論説】

2019年02月14日 16:23 by shiko


 いまアメリカで、兵士としてイラクに派遣され生還した人々がイラク戦争の真実と誤りについて批判の声をあげている。

 「私たちはここで何をしているのか?」戦場で若い兵士が発した問いに、上官は答えられなかったという。

 ブッシュ政権の軍事行動をいちはやく支持した小泉政権によって派遣された自衛隊員のなかでも帰国後自殺者が相次いでいると報道された。同じような懐疑に悩んだのではないか。

 「場」は別だが、学校という場で「自分は何をしているのだろう?」と疑問を抱く子どもは少なくないだろう。

 人間らしく、子どもらしく、自分らしくあることが許されない人間性疎外によって生じる懐疑は共通しているものだ。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

社会学者が提案する、ひきこもり問題の乗り越え方

524号 2020/2/15

外出できる「ひきこもり」は9割、議論されない問題の核心

523号 2020/2/1

本物の学びを子どもが手にするために【居場所スタッフの仕事】

197号(2006.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...