不登校新聞

191号(2006.4.1)

NPO代表が語る、学校外の学びを公的に位置付ける意義

2019年02月14日 15:57 by shiko

 私たちは、「たまりば」というフリースペースを、1991年から始めました。当初は、6畳と4畳半のアパートでした。

 フリースペースは、子どもの最善の利益、子どものいのちをまんなかに据えた場所です。そこで必要なのは、子どもが、自分は生きていていいんだと思えること、自己肯定感を大切にすることです。これは15年、変わらないスタンスです。

 公設民営が始まったのは2003年7月です。川崎市子ども権利条例を具現する場として、子ども夢パークができました。

 広さ1万平方メートルの敷地で、「子ども会議」、冒険遊び場「プレーパーク」、不登校の子どもの居場所「えん」の三つの柱で運営しています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校へ行きたくない、休みたいと言う子に親ができる3つのこと

566号 2021/11/15

長引くひきこもりで家計が心配。お金の不安を解消する3ステップ

562号 2021/9/15

【世界一受けたい授業出演特集】「生きててごめん」不登校の息子を追い詰めてしまった私の一言

552号 2021/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

567号 2021/12/1

いじめを受けて中学2年生で不登校。傷つけられた一言と、支えられた一言は、と...

566号 2021/11/15

不登校の子どもに何ができるのか。45年以上、相談を受けてきた心理カウンセラ...

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...