不登校新聞

191号(2006.4.1)

NPO代表が語る、学校外の学びを公的に位置付ける意義

2019年02月14日 15:57 by shiko

 私たちは、「たまりば」というフリースペースを、1991年から始めました。当初は、6畳と4畳半のアパートでした。

 フリースペースは、子どもの最善の利益、子どものいのちをまんなかに据えた場所です。そこで必要なのは、子どもが、自分は生きていていいんだと思えること、自己肯定感を大切にすることです。これは15年、変わらないスタンスです。

 公設民営が始まったのは2003年7月です。川崎市子ども権利条例を具現する場として、子ども夢パークができました。

 広さ1万平方メートルの敷地で、「子ども会議」、冒険遊び場「プレーパーク」、不登校の子どもの居場所「えん」の三つの柱で運営しています。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校復帰を目指さない」教委が語る栃木県町長の教育改革

191号(2006.4.1)

知事の提案で広がった不登校の支援事業

191号(2006.4.1)

教育基本法は何が変わるのか【講演抄録・上】

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...