不登校新聞

191号(2006.4.1)

国会提出が目前、教育基本法改正に対し相次ぐ反対集会

2019年02月14日 16:36 by shiko



 教育基本法「改正」案の国会提出に向けて、自民、公明党が最終段階の協議に入っている。

 具体的な協議を行なっているのは、「与党教育基本法改正に関する協議会」(大島理森座長)。2004年に中間報告をとりまとめ、改正項目や検討事項を発表している。

 おもな改正点は、憲法との関連性、「国を愛する心」の表記、宗教教育、教育行政のあり方などで、現行法の全面改正を目指している。

 これまで「国を愛する心」や宗教教育のあり方についてなど、両党間で意見が異なり法案提出が見送られてきた。

 依然、提出時期は流動的だが、両党ともに今国会の提出に意欲的な姿勢を見せており、基本法改正に反対する市民のあいだからは、懸念の声が高まっている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校19万人超 不登校新聞編集長が提言する学校改革の道筋は

567号 2021/12/1

学校行きたくないが4割 調査で小中高生の今のつらさが明らかに

567号 2021/12/1

不登校理由はいじめが最下位?教員と本人間で開く認識差

566号 2021/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

567号 2021/12/1

いじめを受けて中学2年生で不登校。傷つけられた一言と、支えられた一言は、と...

566号 2021/11/15

不登校の子どもに何ができるのか。45年以上、相談を受けてきた心理カウンセラ...

565号 2021/11/1

衆議院議員総選挙をまぢかに控え、本紙では不登校や子ども関連の施策を主要政党...