不登校新聞

191号(2006.4.1)

国会提出が目前、教育基本法改正に対し相次ぐ反対集会

2019年02月14日 16:36 by shiko
2019年02月14日 16:36 by shiko



 教育基本法「改正」案の国会提出に向けて、自民、公明党が最終段階の協議に入っている。

 具体的な協議を行なっているのは、「与党教育基本法改正に関する協議会」(大島理森座長)。2004年に中間報告をとりまとめ、改正項目や検討事項を発表している。

 おもな改正点は、憲法との関連性、「国を愛する心」の表記、宗教教育、教育行政のあり方などで、現行法の全面改正を目指している。

 これまで「国を愛する心」や宗教教育のあり方についてなど、両党間で意見が異なり法案提出が見送られてきた。

 依然、提出時期は流動的だが、両党ともに今国会の提出に意欲的な姿勢を見せており、基本法改正に反対する市民のあいだからは、懸念の声が高まっている。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校の要因はいじめ」子どもと教員、認識差に6倍の開き

624号 2024/4/15

東京都で2万円、富山県で1万5千円 全国の自治体で広がるフリースクール利用料の補助のいま

622号 2024/3/15

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…