不登校新聞

191号(2006.4.1)

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

2019年02月14日 16:17 by shiko



 わが家の子どもたちは男ばかりで、上から11歳、8歳、6歳。現在、3人とも毎日を家で過ごしている。

 長男が完全に学校に行かなくなったのは1年半前。その3カ月後に二男。三男は機嫌よく幼稚園に通っていたが、半年前の引っ越しを機に、新しい幼稚園に1日行っただけでやめてしまった。

 二男が登校し、長男が登校していなかった3カ月間。これは二男にとってもわたしにとっても大変苦しい時期だった。二男も欠席が多くなっていたし、学校で過ごすことにたくさんの苦しみがあることはわかっていた。

 「自分はこんなにがんばっているのに、お兄ちゃんはなんで学校に行かないんだ?」と思っていたのだろう。

 兄にイライラをぶつけることが多くなった。兄は兄で、学校に行ってない自分に引け目を感じ、弟に何を言われてもじっと黙って耐えていた。

 わたしはどちらの気持ちを考えてもつらかった。でも、どこかでまだ「二男だけでも何とか学校に行ってほしい」と思っていたことも否定できない。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

息子が心を閉ざして11年 両親の思いは今

193号(2006.5.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...