不登校新聞

191号(2006.4.1)

不登校から始まった、プロ造型師の道

2019年02月14日 16:12 by shiko


ティラノサウルス(ヘッド)©2001 Shinzen Takeuchi

 今回、お話をうかがったのは竹内信善さん(造型作家・25歳)SHINZEN造形研究所主宰の。プロの造型師として、恐竜や怪獣の模型原型をつくっている。その作品は専門店やHPで販売されるほか、展覧会やテレビ番組にも貸し出されている。これまでの経緯や造形の仕事についてうかがった。

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「親ってほんとに子どもが心配なの」加藤登紀子が語る子離れの瞬間

538号 2020/9/15

ゲームに熱中する子に対して、してはいけない3つのタブー

534号 2020/7/15

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...