不登校新聞

191号(2006.4.1)

不登校から始まった、プロ造型師の道

2019年02月14日 16:12 by shiko
2019年02月14日 16:12 by shiko


ティラノサウルス(ヘッド)©2001 Shinzen Takeuchi

 今回、お話をうかがったのは竹内信善さん(造型作家・25歳)SHINZEN造形研究所主宰の。プロの造型師として、恐竜や怪獣の模型原型をつくっている。その作品は専門店やHPで販売されるほか、展覧会やテレビ番組にも貸し出されている。これまでの経緯や造形の仕事についてうかがった。

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

生きるとは夢中を探すこと 歌人・俵万智が子どもたちへ届けたい思い

586号 2022/9/15

あざや傷あと「見た目問題」から考える自分に合った生き方とは

574号 2022/3/15

わが子の不登校悩んだ末に見つけた日常をゆるっとすごすコツとは

573号 2022/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

591号 2022/12/1

勉強ができ、中学では生徒会長も務めた中村勇樹さん(仮名・22歳)。しかし高校入…

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…