不登校新聞

191号(2006.4.1)

不登校から始まった、プロ造型師の道

2019年02月14日 16:12 by shiko


ティラノサウルス(ヘッド)©2001 Shinzen Takeuchi

 今回、お話をうかがったのは竹内信善さん(造型作家・25歳)SHINZEN造形研究所主宰の。プロの造型師として、恐竜や怪獣の模型原型をつくっている。その作品は専門店やHPで販売されるほか、展覧会やテレビ番組にも貸し出されている。これまでの経緯や造形の仕事についてうかがった。

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

有名私立中学への受験合格後に不登校、山田ルイ53世に起きたこと

554号 2021/5/15

不登校経験者が聞く先生のホンネ「不登校、どう思っていますか?」

553号 2021/5/1

5人に1人は「とても繊細な人」繊細さは幸せにつながる素敵な感性

553号 2021/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

554号 2021/5/15

生駒知里さんは、ホームスクールで子育てをされているお母さんの一人です。ホー...

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...