不登校新聞

191号(2006.4.1)

不登校から始まった、プロ造型師の道

2019年02月14日 16:12 by shiko


ティラノサウルス(ヘッド)©2001 Shinzen Takeuchi

 今回、お話をうかがったのは竹内信善さん(造型作家・25歳)SHINZEN造形研究所主宰の。プロの造型師として、恐竜や怪獣の模型原型をつくっている。その作品は専門店やHPで販売されるほか、展覧会やテレビ番組にも貸し出されている。これまでの経緯や造形の仕事についてうかがった。

 

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『ツレがうつになりまして』の作者が苦しんだ自分への否定感

532号 2020/6/15

子どもと学校に尽くしてこそ「母親」というイメージがつらい

530号 2020/5/15

「学校へ行きたくないときは僕にも」坂上忍が不登校の子に語った本音

527号 2020/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...