不登校新聞

191号(2006.4.1)

フリースクールスタッフの仕事【兵庫県】

2019年02月14日 16:26 by shiko



 今回の執筆は、子どものころは、神戸フリースクールに生徒として通い、その後はスタッフとして関わっている田辺健太さん。通う側にも立った田辺さんは、いまの仕事をどう見ているのだろうか。

 * * *

 僕は神戸フリースクール(旧明石フリースクール)の設立当時から16年近くフリースクールとともに過ごしてきました。

 父親がフリースクールをやっていたこともあり、いつまで生徒で、いつスタッフになったのかは微妙ですが、年齢を重ねるにつれ、立場や気持ちは少しずつ変化していきました。

 生徒の立場だったころは自分の考えや、やりたいことばかりを前に出していましたが、スタッフの立場になって、フリースクールに関わる全員のことを考えるようになりました。スタッフになった、今の僕が思うことを少し書いてみます。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...