不登校新聞

191号(2006.4.1)

島根・隠岐の島 親も子も楽しい居場所と地域づくり

2019年02月14日 16:44 by shiko



 島根県の北東70キロメートルの日本海に浮かぶ島が、私たちの「みちくさ会」のあるところです。

 みちくさ会は人口約1万7000人、島で一番大きな町、隠岐の島町に住む不登校を考える親の会として2001年に発足しました。

 最初は不登校の子をもつ親が集まって、ただただ学校へ行かない子への不安や親としてのいたらなさ、学校に対する不信感など、涙ながらに話していました。

 しかし会を重ねるうちに親たちの顔に笑顔が戻り、少しずつ学校へ行かない子どもを認め受けいれることができ、親としてはずいぶん楽になりました。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

国の通知、どう読むの? 不登校の歴史vol.540

540号 2020/10/15

ひといき

540号 2020/10/15

森の喫茶店 第540号

540号 2020/10/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

540号 2020/10/15

トレーラーハウスを活用した新しいフリースクールが誕生。スタッフの小関翼さん...

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。