不登校新聞

191号(2006.4.1)

島根・隠岐の島 親も子も楽しい居場所と地域づくり

2019年02月14日 16:44 by shiko
2019年02月14日 16:44 by shiko



 島根県の北東70キロメートルの日本海に浮かぶ島が、私たちの「みちくさ会」のあるところです。

 みちくさ会は人口約1万7000人、島で一番大きな町、隠岐の島町に住む不登校を考える親の会として2001年に発足しました。

 最初は不登校の子をもつ親が集まって、ただただ学校へ行かない子への不安や親としてのいたらなさ、学校に対する不信感など、涙ながらに話していました。

 しかし会を重ねるうちに親たちの顔に笑顔が戻り、少しずつ学校へ行かない子どもを認め受けいれることができ、親としてはずいぶん楽になりました。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

624号 2024/4/15

『不登校新聞』のおすすめ

623号 2024/4/1

編集後記

623号 2024/4/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…

623号 2024/4/1

就活の失敗を機に、22歳から3年間ひきこもったという岡本圭太さん。ひきこもりか…

622号 2024/3/15

「中学校は私にとって戦場でした」と語るのは、作家・森絵都さん。10代に向けた小…