不登校新聞

191号(2006.4.1)

島根・隠岐の島 親も子も楽しい居場所と地域づくり

2019年02月14日 16:44 by shiko



 島根県の北東70キロメートルの日本海に浮かぶ島が、私たちの「みちくさ会」のあるところです。

 みちくさ会は人口約1万7000人、島で一番大きな町、隠岐の島町に住む不登校を考える親の会として2001年に発足しました。

 最初は不登校の子をもつ親が集まって、ただただ学校へ行かない子への不安や親としてのいたらなさ、学校に対する不信感など、涙ながらに話していました。

 しかし会を重ねるうちに親たちの顔に笑顔が戻り、少しずつ学校へ行かない子どもを認め受けいれることができ、親としてはずいぶん楽になりました。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...