不登校新聞

191号(2006.4.1)

島根・隠岐の島 親も子も楽しい居場所と地域づくり

2019年02月14日 16:44 by shiko



 島根県の北東70キロメートルの日本海に浮かぶ島が、私たちの「みちくさ会」のあるところです。

 みちくさ会は人口約1万7000人、島で一番大きな町、隠岐の島町に住む不登校を考える親の会として2001年に発足しました。

 最初は不登校の子をもつ親が集まって、ただただ学校へ行かない子への不安や親としてのいたらなさ、学校に対する不信感など、涙ながらに話していました。

 しかし会を重ねるうちに親たちの顔に笑顔が戻り、少しずつ学校へ行かない子どもを認め受けいれることができ、親としてはずいぶん楽になりました。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

581号 2022/7/1

編集後記

581号 2022/7/1

『不登校新聞』のおすすめ

580号 2022/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。...

580号 2022/6/15

小学4年生から始まった過酷ないじめ。困窮を極めた家庭生活。そんなどん底の生...

579号 2022/6/1

今回インタビューしたのは、金子あかねさん・金子純一さんご夫妻。小3で息子さ...