不登校新聞

191号(2006.4.1)

かがり火

2019年02月14日 16:33 by shiko



 奈良の春は万葉の時代からアセビの季節でもある。奈良公園にはアセビの森があり公園の象徴ともなっている。

 アセビの葉には有毒成分が含まれており、鹿はそれを知っていて食べない。アセビは漢字では馬酔木と書くが、馬がこの葉を食うと酔ったようになるからだという。

 語源には、アシシビレがアシビになったとも「悪しき実」がアシビになって転訛(てんかん)したという説もある。アセビは、3月から4月にかけて白い房状の花を咲かせ、スズランに似て清らかな印象がある。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

理事退任のご挨拶と役員人事変更のお知らせ

535号 2020/8/1

やっとでた10月25日通知 不登校の歴史vol.535

535号 2020/8/1

かがり火

535号 2020/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...