不登校新聞

191号(2006.4.1)

ひといき

2019年02月14日 15:45 by shiko



 昨年の「嫌煙ブームがイヤだから禁煙しない」というようなことを声高に、かつ控えめに、この欄に書いたのだけれども、今年に入ってからすっぱり禁煙してしまっている。

 きっかけは昨年末、帰郷し家猫とお戯れをしていたときのこと。もともと持っていた猫アレルギーが久々に反応してしまい、喘息になってしまったのである。

 この責任を、いつも体への害を感じながら吸っていた煙草に転嫁。きっぱりと禁煙することにしたのである。

 今では禁煙できた自分に優越感を感じ、「俺の肺はピンクだぜ」とニヤつきながら、町中で喫煙してる人を横目に颯爽と闊歩。じつに簡単な人間です。私は。(東京編集局・信田風馬)

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...