不登校新聞

371号 (2013.10.1)

第21回 どこかに通ってほしい

2013年12月25日 11:28 by kito-shin


連載「孫の不登校」


 私の孫はまだ9歳。小学4年生です。6月ごろから、朝、登校時間になっても起きてこなくなり、頭痛や気持ち悪さを訴えるなどし、登校せずに夏休みに入りました。
 
 2学期を機に行ってくれるかなと思っていたのですが、依然として状況は変わっていません。娘が「学校だけじゃなくて、教育支援センターやフリースクールがある」と聞いてきたようで、そういうところに通ってみるのはどうか、と勧めているのですが、孫は返事をしません。
 
 学校にも行かないし、教育支援センターにも行かないし、フリースクールにも行かない。ずっと家にこもって、テレビやゲームばかりの生活で心配です。学校には通わずとも、どこか別の場所に通うようになってほしいのですが、どうしたらいいでしょうか――。
 
 こんな質問をいただきました。まだ9歳なのに、ずっと家のなかに居て、家族以外の付き合いがない。学習もせず、このまま放っておいたら、ずっとひきこもるようになってしまうのではないか。学校に行けないなら、友だちづくりも学習もできるどこかに通ってほしいのにと、とても不安になられているのだと思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...