不登校新聞

546号 2021/1/15

「都会の人ごみがうらやましい」田舎で始まった僕の不登校

2021年01月15日 14:25 by motegiryoga


地元で写真を撮るみやもとたかひろさん

 僕は岡山県の田舎で育ち、高校1年生のとき不登校になった。僕が住んでいたのは、家のまわりが畑や田んぼばかりで、車がないとコンビニにすら行けないような、ど田舎だった。そんな田舎で不登校になるって、本当にめんどくさい。

 僕の田舎は、相手の苗字を聞くだけで、その人の三世代上のおじいちゃんの名前までわかってしまうような狭いコミュニティだった。僕の苗字「みやもと」を聞くと、地元の人たちは決まって言う。「みやもとくん? ひょっとして、お父さんは○○に勤めてる? おじいちゃんは昔、○○で仕事をしてたでしょ?」。

……当たっている。すべて当たっている。ほかにも、みやもと姓の世帯は何軒かあるのに、まちがわれたことがない。おそらく地元の人たちの頭のなかには、僕の家だけではなく、ほかのみやもと世帯の家族構成までもインプットされているのだろう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

勉強を無理強いせず、本人の自信につながるサポートを目指して

564号 2021/10/15

他人の目がずっと怖かった。不登校を経験した私が今思うこと

564号 2021/10/15

小学4年で不登校に。僕が行きたくないと言った理由

563号 2021/10/1

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

564号 2021/10/15

不登校になったら勉強はどうするのか。学校との付き合い方はどうするのか。周囲...

563号 2021/10/1

理由も言わずに「学校へ行きたくない」と伝えた小学校4年生当時。中学校1年生...

562号 2021/9/15

3人のホームエデュケーションで育ててきた原田雅代さんにお話を伺ってきました...