不登校新聞

546号 2021/1/15

「都会の人ごみがうらやましい」田舎で始まった僕の不登校

2021年01月15日 14:25 by motegiryoga


地元で写真を撮るみやもとたかひろさん

 僕は岡山県の田舎で育ち、高校1年生のとき不登校になった。僕が住んでいたのは、家のまわりが畑や田んぼばかりで、車がないとコンビニにすら行けないような、ど田舎だった。そんな田舎で不登校になるって、本当にめんどくさい。

 僕の田舎は、相手の苗字を聞くだけで、その人の三世代上のおじいちゃんの名前までわかってしまうような狭いコミュニティだった。僕の苗字「みやもと」を聞くと、地元の人たちは決まって言う。「みやもとくん? ひょっとして、お父さんは○○に勤めてる? おじいちゃんは昔、○○で仕事をしてたでしょ?」。

……当たっている。すべて当たっている。ほかにも、みやもと姓の世帯は何軒かあるのに、まちがわれたことがない。おそらく地元の人たちの頭のなかには、僕の家だけではなく、ほかのみやもと世帯の家族構成までもインプットされているのだろう。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

学校で習う女の子とはちがう。私が感じていた気恥ずかしさの正体

553号 2021/5/1

【世界一受けたい授業出演特集】不登校から東大、リクルートへ ありがたかった母の対応

552号 2021/4/15

小6の私の心に突き刺さったのは、担任からの思いがけない言葉

552号 2021/4/15

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...