不登校新聞

546号 2021/1/15

「信号待ちの間に車から逃げた」11歳が語った自分の不登校

2021年01月15日 12:29 by koguma

 2020年11月23日に開催されたオンラインシンポジウムの講演抄録を掲載する。主催は「フリースクールネモ」。小学生と中学生の子どもが自身の不登校やフリースクールに来てからのことなどを語った。

*  *  *

 小学5年生のはるとです。11歳です。「ネモ」には2020年の8月から通っています。

 僕は小学3年生の終わりごろから本格的に学校へ行かなくなりました。きっかけはいじめです。1年生のころから悪口を言われたり、ボールを投げつけられたり、ずっといじめられていて、学校が怖いという気持ちがどんどん大きくなってしまいました。それだけじゃなくて、自分以外の人がいじめられているのを見ているのもつらかったです。いじめられるつらさはすごくわかるから。

 学校へ行かなくなってからの1年間は、家でゲームづくし(笑)。

 赤ちゃんのイヤイヤ期のように、外へ出ることも拒否して、家にひきこもっていました。

 そんな僕のことを親はいつも心配してくれました。気持ちがモヤモヤして、自分ではどうにもならなくなってしまって暴れちゃうこともあったけど、親はとにかく「大丈夫だよ」「大丈夫だから」と言って慰めてくれました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

地元の同級生から逃げ続けていた私が成人式に出席して感じたこと

569号 2022/1/1

「お約束の展開」とはちがう、ひきこもり男性の話

569号 2022/1/1

私が苦しんだ「自意識」から解放されるまで【18歳の不登校当事者手記】

568号 2021/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

570号 2022/1/15

「どうしても自分に自信が持てない」と悩んでいたひきこもり経験者が「この人に...

569号 2022/1/1

コロナ禍で親子の距離も自然と近くなったために「叱り方」と「甘えさせ方」に悩...

568号 2021/12/15

子育てをしていても「人としての幸せを感じたい」。そう感じていた熊谷亜希子さ...