不登校新聞

546号 2021/1/15

「信号待ちの間に車から逃げた」11歳が語った自分の不登校

2021年01月15日 12:29 by koguma

 2020年11月23日に開催されたオンラインシンポジウムの講演抄録を掲載する。主催は「フリースクールネモ」。小学生と中学生の子どもが自身の不登校やフリースクールに来てからのことなどを語った。

*  *  *

 小学5年生のはるとです。11歳です。「ネモ」には2020年の8月から通っています。

 僕は小学3年生の終わりごろから本格的に学校へ行かなくなりました。きっかけはいじめです。1年生のころから悪口を言われたり、ボールを投げつけられたり、ずっといじめられていて、学校が怖いという気持ちがどんどん大きくなってしまいました。それだけじゃなくて、自分以外の人がいじめられているのを見ているのもつらかったです。いじめられるつらさはすごくわかるから。

 学校へ行かなくなってからの1年間は、家でゲームづくし(笑)。

 赤ちゃんのイヤイヤ期のように、外へ出ることも拒否して、家にひきこもっていました。

 そんな僕のことを親はいつも心配してくれました。気持ちがモヤモヤして、自分ではどうにもならなくなってしまって暴れちゃうこともあったけど、親はとにかく「大丈夫だよ」「大丈夫だから」と言って慰めてくれました。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校になるまで追い詰められた3つの理由

548号 2021/2/15

「もう行きません」15歳の少女が学校と決別した理由

547号 2021/2/1

「不登校だったように見えない」と言われるのが私はイヤだった

547号 2021/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

548号 2021/2/15

「不登校になった理由を語るまで20年の時間が必要でした」と語る鬼頭信さん(...

547号 2021/2/1

「学校へ行くことはきっぱりやめました。何もわだかまりはありません」と語る1...

545号 2021/1/1

2020年は不登校やひきこもりをめぐってどんなが起きていたのか。新型コロナ...