不登校新聞

293号(2010.7.1)

公明党回答 参院選10'

2013年11月05日 15:26 by kito-shin
①不登校についての考えと政策
 小中学校の不登校児童生徒が12万人を超え、児童生徒総数に対するその割合が依然として高いという深刻な現状を踏まえ、不登校対策の一層の推進が必要であると考えています。

 今後とも、公明党としては、不登校の未然防止や不登校児童生徒のスムーズな学校復帰を図る観点から、これまで一定の成果を上げてきた「スクールカウンセラー」や「スクールソーシャルワーカー」制度の拡充、また「メンタルフレンド制度」の導入促進など、不登校対策の充実強化を図ってまいります。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

いじめのピークは小学2年生、低学年ほど注意を

552号 2021/4/15

全国一斉休校、緊急事態宣言が子どもに与えた影響と今後の課題

549号 2021/3/1

【記者の眼】「黒染め強要」訴訟、判決から見える3つの問題点

549号 2021/3/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...