不登校新聞

293号(2010.7.1)

民主党回答 参院選10'

2013年11月05日 15:33 by kito-shin
2013年11月05日 15:33 by kito-shin
①不登校についての考えと政策

 民主党は、公立学校において、保護者や地域住民、学校関係者、教育専門家などが参画する「学校理事会」を設置し、そこが中心になって学校運営をする仕組みを考えています。教育現場に近い地域と保護者らの協力による学校運営が、学校との信頼関係・絆を深め、いじめや不登校などへの対応をよりきめ細かくできるようになるのではないかと考えるからです。

 また、いじめや不登校などの問題、進学・職業選択などの進路について児童・生徒が相談できる仕組みの充実も必要です。専門的知識を持って指導や助言を行なう専門相談員を全国の小学校、中学校、高校などに配置すべく取り組んでいきます。

②ひきこもりについての考えと政策
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

フリースクールに通う不登校家庭に都が年最大12万円支給 調査協力を条件に

582号 2022/7/15

不登校対応はどう変わるか 最新の有識者会議報告書の要点を本紙記者が解説

582号 2022/7/15

「同じ立場の仲間に出会える」不登校の親専用コミュニティ 会員募集中

579号 2022/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…