不登校新聞

231号(2007.12.1)

第17回 寝屋川教師刺殺事件【上】

2014年12月18日 14:27 by 匿名


連載「精神現象」


 2005年のバレンタインデーに、大阪府寝屋川市の小学校で、教諭ら3人が包丁で刺され、うち1人が死亡する事件が起こった。刺したのは、この小学校を卒業した、当時17歳の少年だった。私の覚えにまちがいがなければ、少年は、小学校と中学校でいじめの被害にあい、不登校の期間が長かったと報道されていた。また、中学を卒業後まもなく大検に合格していて、彼に勉強を教えたのは姉だったはずだ。

 少年は逆送され、一審では懲役12年の判決を受けた。そして、このたび下された二審判決は、一審を上回る懲役15年というものだった。

 それにしても、どうしてバレンタインデーだったのか。私が重要と感じるこの疑問については、判決要旨のどこにも記されていない。ただ「被告人は、特定不能型の広汎性発達障害を有し、犯行当日に特殊な心理状態を生じさせていた」と、記されているのみだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

553号 2021/5/1

ここ数年で広く知られるようになってきた「HSP」。HSP専門カウンセラーの...

552号 2021/4/15

学年別でみるといじめのピークは小学校2年生。低学年のいじめとはどんなものな...

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...