不登校新聞

230号(2007.11.15)

無条件で生きさせろ!雨宮処凛さん

2014年12月24日 15:35 by nakajima_


 今回は07年11月4日に行なわれた集会「無条件で生きさせろ!~不登校・ひきこもりから"働く”を考える~」(主催・全国不登校新聞社)の抄録を掲載する。講師に雨宮処凛さんをお招きし、子ども時代のいじめられた経験や現在、若者の労働問題にとり組むようになったきっかけなど、お話しいただいた。なお、いじめ体験の話については紙面幅の都合上、割愛した。

――若者の雇用問題にとり組んだきっかけは?

 いろんなことがきっかけになりましたが、大きかったのは私と同じように生きづらさを抱える人たちを取材していたことです。

 統計を見ると、2002年から20代の死因のトップはずっと自殺です。05年には30代の自殺率が過去最高を記録しました。交通事故より病気よりも自殺が身近なのが若者の現状です。どうしてこんな状況になったのかという疑問が自分の経験からもあったわけです。私自身、19歳から24歳までフリーターをしていましたが、よくクビにされてました。そのたびに自分としては傷ついてました。何が自分に足りないのか、どうして自分はダメなのか、次から次へと自己否定のスパイラルに落ちていく。自分が高卒だからか、大学受験で2浪したからか、中学生時代にいじめられたからか、どう考えても答えがでない。出口がまったく見えず、オーバードーズやリストカットをくり返す日々を送っていました。その後、作家になって取材をすると、同じように苦しんでいる人が本当に多いことに気づかされたんです。

 若い世代のボロボロに 

 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

みんなの学習広場づくりを【市民社会フォーラム】

198号(2006.7.15)

コスタリカ大学教授が改憲危機に緊急来日【講演抄録】

198号(2006.7.15)

「百手先よりも今の局面」羽生棋士が実践している考え方

491号 2018/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

509号 2019/7/1

僕は18歳から25歳まで、7年間ひきこもった。その理由は自分が祖母を「殺し...

508号 2019/6/15

5月19日(日)、東京都文京区にて『不登校新聞』子ども若者編集部主催のイベ...

507号 2019/6/1

16歳が書いた「令和の不登校」への思い。執筆者の相良まことさんは、不登校に...