フェイスブックをとりとめもなく見ていたときにふと目に入ってきた。「子どもユース実行委員募集中」という言葉をきっかけに始まった。それまでの日常とは全然ちがう新しい体験は本当にすばらしいものでした。このフォーラムに参加できたことを心の底から光栄に思います。(高校2年生)

 私はつい1カ月半前までまったく子どもの権利条約というものを知りませんでした。子どもユースの実行委員に参加し、少しずつ準備をしたり、自分で調べていくごとにどんどん自分がこれまで大人に感じたことのある違和感や不満などが、「子どもの権利が守られていない瞬間」であることに気づきました。(高校2年生)
※いずれも子どもの権利条約ニュースレター114号、2013年12月15日発行より

 21年目を迎えた子どもの権利条約フォーラム(13年11月16日~17日)。前年の愛知大会の熱気を受け継いで、東京大会は、子どもユース委員会の奮闘ですばらしいフォーラムとなりました。


この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。